« 地方議会議員が社会福祉法人理事を兼職することの可否 | トップページ | 弁護士大川宏之プロフィールページアドレス »

2019年4月27日 (土)

養子縁組後の親権者変更の可否

【問題】

離婚して親権者となった実親の一方が再婚し、子がその再婚相手と養子縁組をして当該実親と養親が共同親権者となった場合、子の親権者を他の一方の実親に変更することができるか。

【回答】

判例(平成26年4月14日最高裁判所第一小法廷決定/最高裁判所民事判例集68巻4号279頁)によれば、できません。

以下、上記決定の理由中、該当部分を引用します。

『民法819条は、1項から5項までにおいて、子の父母が離婚する場合等には、子は父又は母の一方の単独の親権に服することを前提として、親権者の指定等について規定し、これらの規定を受けて、6項において、親権者の変更について規定して、親権者を他の一方に変更することができるとしている。このような同条の規定の構造や同条6項の規定の文理に照らせば、子が実親の一方及び養親の共同親権に服する場合、子の親権者を他の一方の実親に変更することは、同項の予定しないところというべきである。他方、上記の場合において、親権者による親権の行使が不適切なもので子の保護の観点から何らかの措置をとる必要があるときは、親権喪失の審判等を通じて子の保護を図ることも可能である。
  そうすると、子が実親の一方及び養親の共同親権に服する場合、民法819条6項の規定に基づき、子の親権者を他の一方の実親に変更することはできないというべきである。』

 

« 地方議会議員が社会福祉法人理事を兼職することの可否 | トップページ | 弁護士大川宏之プロフィールページアドレス »

親子」カテゴリの記事